白蟻被害を防ぐためには?ウッドデッキの木材の種類から考えよう!

庭でガーデニングなどを楽しむために学ぼう! 庭でガーデニングなどを楽しむために学ぼう!

住宅にウッドデッキを作る際は要注意!

エクステリア

住宅にウッドデッキを作ると、自宅の庭でガーデニングやバーベキューが楽しめるようになり、家族で快適な生活を楽しむことが出来ます。しかし、ウッドデッキは白蟻被害を招きやすくなるため、作る際には注意が必要です。

ウッドデッキで一般的に使われている材料

ウッドデッキで使用されている材料は、大きく分けると「天然木」と「樹脂木」で作られています。職人さんが作る木は天然木が多く、アルミメーカーなどが作っているのは樹脂木であることがほとんどです。天然木と樹脂木は何が違うのか見てみましょう。

天然木と樹脂木の違い

ハードウッド
耐久性の高い木で防腐処理をする必要がありません。少し高めの素材でコストがかかりますが、天然木にこだわってウッドデッキを作るならハードウッド使用するといいでしょう。白蟻の被害にも遭いにくい素材でもあります。
ソフトウッド
ハードウッドに比べると安価で簡単に手に入れることが出来ます。しかし、耐久性が低く、防腐処理をする手間やメンテナンスの手間がかかります。市販で販売されるときは、「ウエスタンレッドシダーSPF」という名前で販売されています。
人工木
アルミメーカーなどが販売しており、木粉とプラスチックが混ざっている木材です。ソフトウッドに比べると、こまめなメンテナンスや徹底的な防腐処理をする必要はないのでお手入れは楽です。耐久性もあり安価であるのも魅力です。

まとめ

このようにウッドデッキの材料として使用されている木材にはいろいろな種類があります。使用する木材を選ぶ際は、それぞれの目的や予算に合わせて材料を選ぶようにするといいでしょう。また、ウッドデッキを作った後のメンテナンスのことも考えるといいですよ。

作った後の管理がとても重要になります

板

ウッドデッキは難しい構造をしていないため、個人でも簡単に作ることが出来ます。最も重要なのは木材が腐って白蟻に目を付けられないように、ウッドデッキの処理やメンテナンスをきちんと行なうことです。木材別に手入れ方法を見ていきましょう。

木材ごとの手入れ方法

ソフトウッド製のウッドデッキ

ソフトウッドは腐りやすいので、こまめな手入れが必要になります。特に、砂ぼこりをそのままにしておくと木材が腐る原因になるので、ほうきで掃く他に楊枝などで隙間に入り込んだ砂ぼこりも取り除きましょう。トゲは危ないのでサンドペーパーなどで削っておきましょう。

ハードウッド製のウッドデッキ

ハードウッドは耐久性があるので、時々砂ぼこりを取り除くくらいで大丈夫です。簡単な手入れで汚れが落ちない場合は雑巾やデッキブラシなどで汚れを落としましょう。トゲが出ていたらサンドペーパーなどで削りましょう。

人工木材製のウッドデッキ

人工木材は特に手入れをする必要はありません。危険なトゲやささくれなどが出ることもないので処理する必要もなくとても楽です。しかし、使用しているとやはり汚れやカビなどが発生してしまうので、そのようなときはデッキブラシなどで磨いてください。

TOPボタン